ハビエルフェルナンデスの身長は?経歴や現在の彼女についても調査!

この記事は3分で読めます

平昌オリンピックの
フィギュアスケート男子シングル…


すごいですね!

ショートプログラムが終わりましたが
トップ4人は100点越えです。

恐ろしいですね。


・羽生結弦選手
・宇野昌磨選手
・ハビエル・フェルナンデス選手
・金博洋選手

と、並べてみて気付いたのですが、
ヨーロッパの先取は
フェルナンデス選手だけだすね。



フィギュアスケートは
重心が低い方が有利なスポーツ
だと言われているので
この結果は自然かもしれません。

そこに入り込んでくる
フェルナンデス選手はすごいですね。



そこで、今回は

ハビエル・フェルナンデス選手

について
調べてみたいと思います。



スポンサードリンク

プロフィール

まずはプロフィールです。 本名:ハビエル・フェルナンデス・ロペス (Javier Fernández López) 生年月日:1991年4月15日 出身地:スペイン マドリード 身長:173cm 体重:70kg 本名はやっぱり長いですね。 スペイン語圏の人は 名字が2つになるんですね。 自分の名前(ミドルネーム含む) + パパ名字 + ママ名字 という形です。 なので ハビエル➡自分の名前 フェルナンデス➡パパの名字 ロペス➡ママの名字 です。 なんでこんなことになっているかというと スペイン語圏で使われる名前は、 決まったものが多いんですよね。 なので、名字ひとつにすると 同姓同名がめちゃくちゃいっぱい できてしまうんです。 おそらく "ハビエル・フェルナンデス"さんは スペインに何千人といると思います。 でも "ハビエル・フェルナンデス・ロペス"さんは もう少し限定されると思います。 それでも 同姓同名は多いみたいですけどね; 身長は 173cm でしたね。 フィギュアスケート 男子シングルの選手にしては 大きめですかね。 氷の上では大きい方が 見応えありますね! 技術面では 小さい方が有利という 話も聞きますが 絶対ではなさそうですね。

経歴

ジュニア時代

彼がフィギュアスケートを 始めたのは6歳だったようです。 スペイン選手権のジュニア部門では 連続優勝を果たしてきたようです。 しかもこのとき シニアクラスの選手より 高得点だったようです!! スペインでは、 フィギュアスケートは かなりマイナーな競技なので あり得ないことではなさそうですが、 その中で力をつけてきた ハビエルはすごいですね。

シニアクラス

シニアに移行し ニコライ・モロゾフコーチに ついていたようですが、 2011年に ブライアン・オーサーコーチに 変更したようです。 それ以来彼はメキメキ力を 伸ばしていきました。 主な成績をまとめてみました。 2011-2012 グランプリファイナル 3位 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 6位 世界選手権 9位 2012-2013 グランプリファイナル 4位 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 優勝 世界選手権 3位 2013-2014 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 優勝 ソチオリンピック 4位 世界選手権 3位 2014-2015 グランプリファイナル 2位 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 優勝 世界選手権 優勝 2015-2016 グランプリファイナル 2位 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 優勝 世界選手権 優勝 2016-2017 グランプリファイナル 4位 スペイン選手権 優勝 欧州選手権 優勝 世界選手権 4位 ヨーロッパで最強ですね! 世界でもトップです! すごいですね。
スポンサードリンク

現在の彼女

モテモテのイメージのある ハビエル・フェルナンデス選手。 元フィギュアスケーターの 安藤美姫と付き合っていたのは 有名ですね。 でも最近別れたようだ、 という説が濃厚ですね。 インスタグラムに 美女とのキス写真が 投稿されていました。 でもはっきりと彼女です! とも言っていないんですよね。 まぁでもほぼほぼ 彼女なんでしょうね。 ハビエル選手は 元々いっぱい彼女がいるとか 軽い感じとか いろいろ言われていますよね(笑) さすがラテン系ですね。 きっと彼はいつも 彼女はいると言われればいるし いないと言われればいない という状態なんじゃないでしょうか? 安藤美姫と付き合う前に 別の女性と婚約していて、 パーティーまでしたのに 解消してしまっていたり 公表していた安藤美姫との関係 をあいまいなまま 美女とインスタに登場したり プライベートでも なかなかファンを賑わせてくれますね(笑) スケートもプライベートも 充実できていそうですね! 今後も彼の動向に注目ですね!
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。