大平山桜祭り(2018)の駐車場はどこ?開催期間や三大名物についても!

この記事は1分で読めます

春ですね!

暑さ寒さも彼岸までと
いいますが、

今週寒い日のが多かったですね
(>_<)


雨が降ってると思ったら
ちょっと雪っぽくなったし…

この時期にヒートテック着るとは
思わなかったです(^-^;


桜が咲いてるところもあったようですが
雨でちょっと散っちゃいますよね。

ただでさえ桜の花の時期って
短いのに残念ですね(´・ω・)




でも!
まだまだ咲いてないところも
ありますね!


暖かくなって咲く花なので、
北に行けば行くほど開花時期は
遅くなるんですよね。

そして、山の上なんかも
気温が上がりにくいので
平野で開花が終わっても
山に登れば

桜が見れたりします。


なので、今回は
東京から真っ直ぐ北上して
最初に出会う山の桜祭り

大平山桜まつり

について調べてみたいと思います。

三大名物穴場の駐車場についても
紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

大平山桜まつりとは

大平山の桜祭りですね(笑) そのままですが(^^; 大平山の桜は 「日本の桜 名所百選」 にも選定されているそうです。 有名なんですね。 大平山は山の上だけでなくて 山の入り口というか、麓から 桜並木の続く遊覧道路があって 桜が咲くと ピンク色のトンネル みたいになります。 桜並木の長さは2kmほどあるので 見ごたえありそうですね! 山頂には 見晴らし場所(謙信平)があって そこでは関東平野を見渡しながら 太平山の3大名物と供に お花見を楽しめます♪

開催期間

大平山の桜はまだつぼみなので、 開催期間は まだ発表されてないようです。

アクセス方法

栃木駅からバスで10分 栃木ICからは車で15分 くらいなのですが、 公式の発表後 詳しくのせたいと思います。
スポンサードリンク

駐車場について

こちらも公式発表前なので 変わることもあるかもしれませんが 車の方は 北側の桜並木の遊覧道路から 登る一方通行になると思います。 駐車場は謙信平にもあるのですが、 みんなそこに停めたいので 駐車場の空き待ちでかなり並びます。 が、 謙信平を抜けて、 少し下った先にも駐車場があって、 そっちはガラガラ だったりするので 謙信平に入って 車があまり進まなくなってきたら 追い越し車線… (ではないのですが 桜の時期は一方通行なので こう呼びます(^-^;) に出て、謙信平を 通過してしまった方がいいです。 ただ、本当に 渋滞が謙信平の駐車場の 空き待ちなのか 確認してからの方が いいかもしれません。 もしかしたら、 誘導している人がいて、 あえて制限している 可能性もあるので。 謙信平に近くなったら 同乗者の方に降りて 確認しに行ってもらうのが 楽ですが 一方通行とはいえ 車道なので 降りて確認しに行ってもらうのは 謙信平に入ってからの方が いいと思います。 謙信平に入ってからは お店があるので 歩いている人が増えます。 なので、 渋滞の車の間を 抜けていく人もいるので ちょっと注意です。

大平山三大名物

大平山には三大名物があります。 団子 焼き鳥 玉子焼き です! お団子は、 串にささっているのではなく 団子にあんが かけられていて、 ようじやおはしで食べます。

#プチドライブ #太平山の団子美味だった #謙信平

Natuki Tadenumaさん(@tadenatu)がシェアした投稿 -

やきとりはこんな感じ

名物の焼き鳥 ふっくらやわらかで美味 #栃木県 #謙信平

@ kuroplummがシェアした投稿 -

美味しそう。 玉子焼きにはおろしが 添えられています。
久しぶりに、食べたいな(><) 是非大平山に 訪れてみてください!
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。