ノーマルタイヤで雪道は危険!事故倍増で渋滞にも!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

今日も寒いですね。また雪が降るかもしれないそうですね。

前回の雪は関東でも大量につもって、交通機関に影響が出たみたいですね。

会社も学校も、休めるところは休みにしちゃったようですね。

関東であんだけ降ったら緊急事態ですもんね。

雪に慣れていないから、対処が大変です。

つもった雪の処理とか、歩き方とかね。

大量につもった雪に、お湯はかけちゃいけないんですってね。

翌朝スケートリンクの出来上りだそうで。

はじっこに集めてゆっくり崩しながら溶かすのがいいらしいですね。

今年初めて知りました…(笑)

 

また最近というか、雪でも車を運転しなきゃならないような環境になってから知ったことなんですが、ノーマルタイヤで雪道を走るのは、危険なんですよね。

走ることはできますが、止まれない曲がれない、という感じになるそうです。

なので、雪の日は(特に降り始めの頃)、車道をのろのろ運転で走る車をちょいちょい見かけるんですよね。

止まれたり曲がれたりするスピードで走ってるってことなんでしょうね。

事故起こされるよりはましですけど、渋滞になるから後続車としては、迷惑な話ですよね。

 

私の住んでる地域(関東平野部)では、めったに雪は降らないので、その日のためにスタッドレスタイヤをはく車は少ないんですよね。

もっててもはかないっていう車も多くて、今日確実に降ります!って予報が出た日や、降り始めてから、タイヤを交換しに行ったりします。

そんな日はガソリンスタンドやタイヤ屋さん等、すごく混みます。

 

どうせはくなら寒くなったらタイヤ変えてしまえばいいのに、と思ったりしますが、並ぶのが嫌になってはかないよりはましですよね。

いつタイヤを交換するにしても、雪道をノーマルタイヤで走っちゃ危ないって思っている人が多いってことではあるので、悪いことではないですね。

 

 

でもスタッドレスはかない人も確実にいるんですよね。

本当にノーマルタイヤでの雪道の走行は危ないんですけどね。

事故が多発するそうです。

坂で動けなくなったり、カーブを曲がりきれなかったり、止まれなくて追突してしまったり。

 

めったに、雪の降らない地域の特徴だそうです。

めったに降らないので、雪道の運転は慣れていないし、タイヤも変えないので、雪の降る地域より、事故は増えるようです。

 

事故が増えるということは、渋滞も増えますし、混乱も招きますし、また新たな事故を誘発してしまう可能性もあります。

 

結局他人の迷惑にもなってしまうし、自分も危険な目に合うわけなので、雪が降る可能性がゼロの地域ではない限り、寒くなったらスタッドレスタイヤにしましょう!

 

雪の降る1日のためだけに、とタイヤ変えるのを渋ってる人もいるのですが、本当に怖いのは雪道より凍った道路で、凍った道路は雪が降ったその日の夜から翌日以降も続くので、その考えは間違いです!

変えるのが面倒なら、雪道もokのオールシーズンタイヤがおすすめです。

なんにせよ、事故を起こさないように、運転技術だけでなく、車の管理にも、気を付けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。